税金

軽減税率って何?賢く買い物をするために

もうすぐ軽減税率制度が導入されます。
消費税増税と同時にはじまるもので、わたしたちの生活に大きな影響をおよぼすものです。
とりわけ税金というと、分かりにくいイメージがあります。軽減税率についてまとめてみました。
単純に増税というだけで家計に打撃を与えます。軽減税率をしっかり理解して、節約できる部分は節約して賢く買い物をしましょう。

軽減税率とは?分かりやすく

軽減税率とは、分かりやすくいうと「生活必需品の消費税は安くしますよ」という制度です。海外ではすでに導入されていて、日本では2019年10月、消費税が10%に引き上げられるときにこの制度が始まります。

どういうものが消費税8%のままなの?

お酒や外食、医薬品など、生活に必ずしも必要といえないもの以外は8%のままになります。
いわゆる「贅沢品」は10%の消費税がかかります。
先日、おむつなど子ども用品、生理用品、介護用品に対して、消費税8%ではなく、10%となることでSNSが一時騒然となりました。

外食はどうなる?

レストランなどその場で飲食する場合は10%、お店に飲食スペースがない場合や持ち帰り、コンビニのお弁当は8%になります。

飲食店の経営者やそこで働くスタッフさんは特に理解が必要です。
詳しい項目は、『まるわかり軽減税率(https://keigen.smaregi.jp/)』を参考にしてください。

消費税増税と同時に政府がしようとしていること

何かを買うとき、消費税10%と8%ならどっちを選びますか?
もちろん安いほうがいいですよね?

消費税増税とともに、政府がすすめようとしているのは、「キャッシュレス決済」です。
電子マネーなどを利用してキャッシュレス決済をすると、消費増税分のポイントを還元する制度も実施予定。

個人事業主の人は早めに準備しておこう

個人事業主の人はとくに、キャッシュレス決済システムの導入や税率計算など複雑な計算が必要になります。税務署から案内が届いているはずなので、10月に備えて準備や税率について理解しておきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です