バストアップ

ナイトブラは必要ない!胸の垂れ予防にもっと重要なこと

ナイトブラは必要ありません。

「夜もバストのケアをしておかないと、垂れる」

そう聞いて、恐怖感にかられた私は、ナイトブラを速攻注文しました。
けれど、実際にナイトブラをつけてみて、「これ、いらないな」と感じ、使うのをやめた経験があります。

どうして、ナイトブラが必要ないと思ったのか、ナイトブラの疑問点やナイトブラをつけるよりも重要なことをまとめてみました。

ナイトブラの疑問

ナイトブラの締め付けは強め

ナイトブラは、寝ているときにもバストを正しい位置にホールドさせるために、少し窮屈な作りをしています。

そう思って、普段よりも大きめサイズを買いましたが、やっぱり苦しい。
気分が悪くなってしまって、即脱ぎました。
(人によってはある程度の締め付けが好きな人もいますが)

バストアップに締め付けはNGです。
また、バストアップにかぎらず、質のいい睡眠をとるためにも締め付けはよくありません。

ナイトブラがズレる

キツめと感じたナイトブラも、寝返りを打つときなどに、どうしてもズレてしまいます。
ただ、寝ているときは無意識なので、ナイトブラがズレても、元に戻せません。

寝てすぐに、ズレてしまったら、朝起きるまで正しく着用できないことになります。
ズレ方によっては、ナイトブラをつけることで逆に胸の垂れをすすめることになってしまう可能性も考えられます。

サイズ展開

ここまで、私が感じるナイトブラの疑問点をあげてみました。

これを見て「それは、サイズ選びが間違ってるんだよー」という声が聞こえてきそうですが、その声にも突っ込みたいところがあります。

それは、サイズ展開。
昼間のブラジャーは細かくサイズが区切られているのに、ナイトブラはS、M、Lの3サイズ。あってLLの計4サイズくらいですよね。

自分のサイズぴったりのブラをつけることが、バストアップやバストの形を維持するのに重要なのに、どうしてサイズが少ないんだろうと思うんです。

まだ、ランジェリーショップで選んでもらった自分に合うサイズの昼間ブラをつけて寝るほうがマシです。

ナイトブラをつけるよりも重要なこと

ナイトブラをつけるよりも大切なことがあります。

筋力の維持

ナイトブラをつけていても、筋力の維持をおろそかにしていたら、若くても垂れてきます。

バストを支えるクーパー靭帯だけでなく、筋肉をつけてバストの高さを維持したり、筋力アップすることで成長ホルモンを分泌させてバストのハリを保ったりするほうが、何倍も美乳に近づきます。

姿勢

人間、知らずしらずのうちに偏った姿勢を取っています。
身体の歪みは、バストの成長をさまたげますし、左右差にもつながります。

それに、正しい姿勢を取るのは、それなりに筋肉も使うので、筋力アップも可能。
また、姿勢がいいと、必然的にバストトップが高くなります。

正しいサイズの昼ブラをつける

「人生の1/3は睡眠」というキャッチフレーズをよく聞きますが、人生の2/3でつける昼ブラにこだわるほうがいいんじゃないかと思います。

昼ブラ選びは本当に重要です。
正しいサイズのブラをつけるだけで、カップが1、2段階はあがるので。
私は、1カップ上がりました。

運動をするときはスポーツブラ

いちばんバストによくないのは、バストを支えるクーパー靭帯に負担をかけること。

激しい運動だけでなく、軽めのジョギングでも胸は上下に揺れます。
運動をするときは、昼用のブラではなくスポーツブラをつけることで下垂予防になります。

血行促進

筋力維持にも通じる部分がありますが、全身の血行が促進されると、細胞の生まれ変わりも活性化します。

また、血行が良くなることでバストにも栄養が行き届きやすいです。

身体の修復や成長は寝ているときにおこなわれます。
ナイトブラを着用して締め付けるよりも、何の窮屈さも感じず、リラックスし、いい睡眠をとることで得られる効果のほうが私は魅力を感じますね。

まとめ

これは、私個人の意見です。

ナイトブラの着用をやめて、数年たちますが、バストが垂れたと感じることはありません。

ただ、今後垂れてくるとは思います。
どうしても、年齢を重ねるにつれて「老い」というものがあるから。
それは、ナイトブラをつけていても、誰にも必ずおとずれるものです。

そのタイムリミットは、ナイトブラをつけるより、「ナイトブラをつけるよりも重要なこと」でご紹介した行動をとることで伸ばせると思っています。

さいごに。
それでも、ナイトブラがいいと思う人はそのまま買っていただいて、ナイトブラの購入を迷っている人は、この記事を参考にしていただければうれしいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です