WordPress

【WordPress】子テーマを作ってカスタマイズする方法

いくら至れり尽くせりなテーマでも、使っていくうちに、少しカスタマイズしたいと思うことが出てきます。

けれど、テーマフォルダを編集するのは、知識がないとエラーで動かなくなってしまうリスクがあるので、子テーマを作成してカスタマイズするのがおすすめです。

この記事では、例として、当サイトで使っている『JIN』というテーマの子テーマを作ってみたいと思います。

子テーマフォルダを作る

まずは、子テーマ用のフォルダを作ります。

例)jin-child

style.cssを作成して編集

子テーマフォルダの中に『style.css』ファイルを作成。
そこに、子テーマと認識させるために必要な記述をしていきます。

最低限必要な設定は、このふたつ。

/*
Theme Name: JIN Child
Template: jin
*/

Theme Name:任意の名前をつけます
Template:親テーマのフォルダ名をつけます(管理画面に表示されるテーマ名ではありません)

functions.phpを作成して編集

『style.css』の編集が終わったら、『functions.php』ファイルを作成してください。

ここでおこなうのは、親テーマのスタイルを読み込む設定です。
以下のコードをコピペします。

<?php
function child_enqueue_styles() {
  wp_enqueue_style('parent-style', get_template_directory_uri() . '/style.css');
  wp_enqueue_style('child-style', get_stylesheet_directory_uri() . '/style.css', array('parent-style'));
}
add_action('wp_enqueue_scripts', 'child_enqueue_styles');

子テーマを有効化

『style.css』と『functions.php』の編集が終わったら、子テーマフォルダをWordPressで読み込みます。

フォルダはFTPソフトでアップロードするか、子テーマフォルダをzip化して管理画面からインストールしてください。

できたら、子テーマを有効化します。
手順に問題がなければ、スタイルがそのまま表示されるはずです。

カスタマイズ

あとは、自分好みにカスタマイズしていきます。

親テーマの『inc』フォルダ内にある『xxx.php』というファイルをカスタマイズしたいときは、子テーマのフォルダの中に親テーマと同じディレクトリ階層を作ってあげる必要があります。

例)『inc/xxx.php』の内容を変更したいなら、子テーマの中にも『inc/xxx.php』を作り、子テーマのほうのファイルを編集する

何かおかしいときのチェックポイント

子テーマを有効化して、何かがおかしいというとき、チェックしておきたいポイントがあります。

それは、カスタマイザーで変更した内容。
例えば、親テーマのカスタマイザーで設定した「追加CSS」などの項目は引き継げないので注意してください。

JINテーマでいうと、カラー設定などはもう一度やり直す必要があります。

そういうときは、『Customizer Export/Import』というプラグインを使うと便利。
親テーマのカスタマイザーデータをエクスポートし、子テーマでインポートすると簡単に引き継げます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です